ひらりんの現実

2018年4月 膵臓癌ステージ4b 手術不可能 余命1年 と告知宣告され 「私らしく生きよう」って思っています … 。

ジェムザール投与5回目 翌日の現実

がん告知され二ヶ月半

抗がん剤ジェムザールの

5回目投与の翌日


体力気力の持続のため

今日から リハビリっっっ

と 言っても

今の病院には

がんリハビリはなく

スタッフの人に

軽いマッサージを

お喋りしながら

1時間ほど過ごして来ました


許可する主治医と

病院の受け入れに 私は

ホント感謝しなきゃ

いけないよね … *・


膵臓がんの進行具合って

どぅなんだろぅ

人によって違うのは

当たり前だけど


二週間に1度の

抗がん剤投与

投与の週は入院し

その後の一週間は

在宅療養


主治医も許可してくれるし

看護師さんも優しい

前入院してた病院から

緩和ドクターも

投与日に往診してくれる


今のところ

副作用もこれと言って

なかったりするよ

わがままなのかなって

考えるけれど


職場復帰とか

社会復帰はできない現実


今置かれてる現状に

感謝しながら

急変して

動けなくなる日を待つ


ってことを

時折 スパイスみたいに

感じ 考え 楽しむ


わたしらしく …

って 意味を踏まえながら


明日も生きるよ

   … ☆ × *

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。