ひらりんの現実 … 。~膵臓がん Ⅳーb~

2018年4月 膵臓癌ステージ4b 手術不可能 余命1年 と告知宣を受け止めるには時間が必要だね。「私らしく生きよう」って思っているよ … 。

手術可能って … 。

一週間前に紹介状持参で

受診した緩和病院で

超音波検査をすることに

なりました


採血し検査室へは

研修医3人 超音波専門Dr

緩和外科Drの5人


初め 研修医女医さんが

超音波をナデナデ

その後 超音波専門Drが

前病院のDrなどの

世間話交えてグイグイ

いつもより長時間の検査で

『ステントはきちんと入っている

緩和外科Drのしようとすることは

大丈夫だ』という話になったよ


その後

外科外来診察室での説明で

今まで食べれなかったことを

解決するのに

十二指腸と空腸の縫合術

つまりバイパス手術が

今なら無理なく出来ると

いうことでした


でもリスクもあり

腫瘍はそのままで

食べることができるということ

なので 即答はしませんでした


手術は怖い

治るための手術ではないし

痛みを和らげれば

それでいぃって 考え

余命あと半年 自分らしく

生きていきたいので

手術はうけません


その後早い昼食を

付き添ってくれてる母さんと

一緒に取り 

現病院に入院しました


現主治医に相談し

手術はせず 

レスキューの舌下錠を

「ナルサス」に変更

今日は

14回目抗がん剤投与だよ 


年末キラキラ気分で 

過ごしたいですよね

 …。*☆  …。*☆ 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。