ひらりんの現実 … 。~膵臓がん Ⅳーb~

2018年4月 膵臓癌ステージ4b 手術不可能 余命1年 と告知宣を受け止めるには時間が必要だね。「私らしく生きよう」って思っているよ … 。

ジェムザール投与3回三日目 入院生活の現実

消灯の9時から

ビデオ観たり

仲間のプログ読んだり

眠るのが惜しくて

究極(朝4時くらい)まで

ごそごそしています


朝1番の検診で目覚め

血圧 酸素 熱の数字を

眺めながらの朝食後

主治医の登場と回診です


ちなみに今日は

あばら骨の裏側が痛むので

X線で検査をしましたよ

神経血管痛なので

そゆ時は

オキノームを服用しましょ

って 顔怖いけど

何でも言える主治医の診断


リハビリを覗いたり

新聞を読み お風呂を済ませ

その間 検診2回

あれこれそれってしていると

いつの間にか 夕飯


私の病室は1番端

看護師さん以外に

前を通る人はいなぃから

とても静かです

消灯時にオキシコンチンを

渡されたら そこで区切り

明日は外泊

自宅に戻りますw


大好きなサウナに

いこぅと思うのですが

血圧低めで足元がふらふら~

危険かなっっっ


梅雨時の寒さ寂しぃ

ひらりんの入院生活です … 。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。